SUGOO情報 > ビジネス最新ニュース

大連概況

【 ページ背景選択:
ソース:www.sugoo.com
 
 
大連市中華人民共和国遼寧省の南部に位置する地級市(地区クラスの市)。経済的重要性から省クラスの自主権をもつ副省級市にも指定されている。 遼寧省では省都の瀋陽市に次ぐ大都市である。
 
歴史
 
の時代には三山と呼ばれ、代には三山浦、時代には三山海口、青泥洼口と称した。1880年代に清朝が大連湾北岸に砲台を築き、ようやく都市が形成され始めた。日清戦争後の1898三国干渉の代償として、清から関東州(大連、旅順など)を租借したロシアが、東清鉄道の終着駅を設け「ダーリニー」(Дальний; 「遠い」)と名づけた。旅順にある艦隊と要塞の物資をまとめるため、また貿易の拠点として、港の整備とパリをモデルにした都市づくりが始まった。
しかし、1904年に勃発した日露戦争により、同年5月末には日本軍が無血入城を果たし、戦後の1905ポーツマス条約により日本に租借権が譲渡された。日本は古地図に見られる中国語の地名「大連湾」からとった「大連」を都市名として採用した。これはロシア名のダーリニーと発音が似ていることにもちなむ。
ロシアの租借地時代は、現在の大連駅から東側の区割りとごく一部の建築物ができた状態であった。日本は、大連を貿易都市として発展させるため、関東都督府と南満州鉄道にインフラの整備を続行させた。その結果、道路のアスファルト舗装や、レンガなど不燃建築物が立ち並ぶ町並みができあがった。昭和初期には現在の大連駅とその駅前一帯が整備され、旧市街がほぼ現在の形になる。この時代の大連に関しては清岡卓行の、『アカシヤの大連』をはじめとする一連の作品群において描かれていることでも有名である。
2次世界大戦末期の1945年、日ソ中立条約破棄によりソビエト社会主義共和国連邦赤軍が対日参戦。このときにソ連は大連を占拠した。同年9月に戦争終結後も、中ソ友好同盟条約に基づきソ連は大連港を旅順港や南満州鉄道と共に引き続き管理下においた。中華人民共和国に返還されるのは1951年のことである。もっとも、このために、国共内戦では 国民党側の支配下に入ることはなく、終始共産党側にあった。
1951旅順市を合併し、旅大と改称したが、1981に元の大連に名前を戻している。 1990年代の改革開放経済のもと、中国東北部の中でも特に目覚しい経済的発展を遂げている。
 
地理
 
●大連市はアジア大陸の東海岸に位置し、中国東北遼東半島の最南端にあり、東経12058分から12331分、北緯3843分から4010分に跨り、東は黄海、西は渤海、南は山東半島と海を隔てて向かい合い、北は広大な東北平野に隣り合っている。この緯度付近には、日本の仙台市、アメリカ合衆国のサンフランシスコ市、ワシントンD.C.、ギリシャのアテネ市がある。大連は東北、華北、華東地域が世界各地と繋がる海上の門口であり、最も重要な港、貿易、工業、観光都市である。
●大連市の総面積は12,574平方キロであり、うち旧市街区の面積は2,415平方キロである。山地や丘陵が多く、平野や低地が少なく、地形は北から南へ傾き、北は広く、南は狭くなっている。地勢は中央から南東と北西部にある黄海と渤海へ傾き、黄海への斜面は長く緩やかである。長白山のある千山山脈は旧市街区を貫いており、地形の殆どは山地や緩やかな低い丘陵であり、平野と低地は河川の水が海へ流れ込むところ及び山裾の谷地に点在するだけで、至るところでカルスト地形が目に付き、カルスト地形と海食地形が比較的に多い。
大連地区には主な水系として黄海と渤海の2つがある。碧流河、英那河、庄河、賛子河、大沙河、登沙河、清河、馬欄河などの大きな河川は黄海に流れ込み、渤海に注入する主な河川は復州河、李官村河、三十里堡河などである。そのうち、最も長い川は碧流河で、大連市街区の水源河となっている。また、200本余りの小さな河川もある。
 
気候
 
●大連市は北半球の温暖地帯―ユーラシア大陸の東海岸にあり、気候は海洋性の特徴も兼ね備える暖温帯大陸性モンスーン気候に属し、冬は厳寒ではなく、夏は酷暑でもなく、四季がはっきりしている。年間平均気温は10.5℃、年間降水量は550950mm、日照時間は25002800時間である。
大連 (1971-2000)の平均気温
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
平均最高気温 °C (°F)
-0.4 (31)
1.4 (35)
7.2 (45)
14.6 (58)
20.2 (68)
24.2 (76)
26.6 (80)
27.3 (81)
23.9 (75)
17.5 (64)
9.7 (49)
3.1 (38)
14.6 (58)
平均最低気温 °C (°F)
-6.8 (20)
-5.0 (23)
0.2 (32)
6.6 (44)
12.2 (54)
17.2 (63)
21.0 (70)
21.6 (71)
17.4 (63)
10.6 (51)
2.8 (37)
-3.5 (26)
7.9 (46)
降水量 mm (inches)
8.9 (0.4)
5.8 (0.2)
12.1 (0.5)
24.7 (1)
47.0 (1.9)
83.2 (3.3)
140.1 (5.5)
155.4 (6.1)
65.1 (2.6)
29.0 (1.1)
20.0 (0.8)
10.6 (0.4)
601.9 (23.7)
出典: 中国气象局国家气象信息中心(in Chinese) 2009-03-17
 
行政
 
遼寧省では省都の瀋陽市に次ぐ大都市である。
大連市政府は、中山路の人民広場の北側の主要ビル(もとの関東州庁)および市内各地のビルにある。その組織には、商業局、外国経済貿易局、衛生局、情報(信息)産業局、警察(公安)、宗教、科学技術局などがあり、区レベルの該当部署とも連絡を取りながら事務を司る。大連市の最近の産業政策としては、2003年に「大連計画」を発表し、4つの基地(石油化学工業、造船工業、現代設備製造工業、電子産業基地)と1つの中心(航運中心=物流センター)になるように勤めていて、2004年には「旅順南路ソフトウェア産業地帯」を発表し、大連ソフトウェアパーク第2期などを進めている。また渤海に浮かぶ中国北部で最大の島といわれる長興島の開発も進めている。
 
行政区画
 
大連市は6区、3市、1県から構成されている。
旧来からの大連にあるのが、中山、西崗、沙河口、甘井子の4区であり、俗に「市内4区」と呼ばれている。中山区は大連駅から東側の旧市街で、中山広場、大連港などがある。西崗区は駅の西側の旧市街で、市政府(=市役所、旧関東州庁)等がある。沙河口区と甘井子区はもともと住宅地区であったが、大連周水子国際空港、大連高新技術産業園区、大連ソフトウェアパークもあり、近年商業化市街化が進んでいる。
北郊外の金州区(開発区保税区を含む)と西郊外の旅順口区は、それぞれ金州駅開発区金馬路と軍港近くの市街区域以外はほぼ農村漁村で、そこへ大学工場が建設されている。
普蘭店市、瓦房店市、庄河市の北方3市は普蘭店駅、瓦房店駅、庄河市街区を除いてはほぼ農村漁村であるが、工場の進出も始まっている。長海県は黄海に浮かぶ諸島で大連港と皮口からフェリーが運行している。また2008年度より大連周水子空港より飛行機にて行く事も可能となった。
大連広域市は区離島を含む行政区域の構成をしており、広域市全体の人口は600万弱。また、戦前の日本租借地(関東州)は、現在の大連広域市の南半分で(ほぼ普蘭店駅と皮口を結ぶ線の南側)、現在のほぼ6区の範囲に当たり、北方3市は満州国に属していた。
なお、経済発展の牽引役をさせるため、国家級対外開放区4か所、開発区保税区高新技術産業園区(ハイテクパーク)金石灘国家観光渡暇(リゾート)区として設けられているが、行政単位ではない。
 
観光地
 
市内4区
中山広場、友好広場
大連を代表するロータリー(広場)。中山広場を囲んで旧大連ヤマトホテル(大連賓館)、旧大連市役所(中国工商銀行)、旧横浜正金銀行中国銀行)、旧大連民政署(遼寧省対外貿易経済合作庁)など日本統治下で建てられた建築物が8棟残されている。これらは「大連中山広場近代建築群」として全国重点文物保護単位(国家級の文化遺産)に登録されている。中山広場の西隣りにある友好広場は日本統治時代は西広場と呼ばれた。現在は2つの老舗の映画館があり、にぎわっている。この外にも市内にはたくさんのロータリー式交差点があるが、これはもともとロシアがパリなどを模してロータリーと放射状の街路を持つ都市として設計し、戦後も市政府がロータリーを多く作ったからである。
●勝利広場、青泥窪橋
大連駅南側の一帯で一大ショッピングゾーンとなっている。勝利広場は2つの円形ビルの間にあるローマ式広場で、台湾と大連市の合資でつくられた。巨大な地下街が形成されている。その南側、中山路のバス停あたりを青泥窪橋と呼び、百貨店街が続く。香港合資で建てられた「百年商城」は高級店である。また、戦前の大連三越百貨店は秋林女店(大商女性専門店)になっている。
平日でも買い物客でにぎわい、週末にはファッションショーやバンド演奏なども行われる。
また現在、青泥窪橋西側の渤海飯店斜め向かい、久光百貨(香港そごうグループ、旧イトキン)向かいに総敷地面積62300m²、総床面積80m²、全5棟から構成される大連中心裕景 (Eton Plaza Dalian) プロジェクト建設が進んでいる。こちらは43階建てが3棟並ぶ高級マンション、「超塔二」は62階建てでオフィスセンターとして活用される。メインタワーの「超塔一」は80階建て、高さ383メートルが予定されており、ショッピングモール、コンベンションホール、超五つ星のホテルなどから構成される予定。ホテル部分には既にUAEドバイジュメイラインターナショナル(朱美拉)が名乗りを上げている状態。いずれもオープンは2009年末から2010年にかけての予定。
西安路(ショッピングスポット)
天津街(ショッピングスポット)
●人民広場
大連市街の西部にある。広さは12.5万平方メートルで、緑鮮やかな芝生は4万平方メートルにも及ぶ。北側の正面には市人民政府(もと関東州庁)、東には公安局が、西には法務院検察院(もと大連裁判所)が配置され、行政の中心部になっている。南側には噴水が備え付けられ、毎日12192021時に30分間運用される。第二次大戦後、スターリン広場と呼ばれ、東北地区の解放を助けたロシア兵士の銅像があったが、1990年代に改名、銅像は取り壊されている。
労働公園
ロシア人が1898に開設、当時は「西公園」と呼ばれた。その後の日本統治時代にゴルフ場、相撲場、プール、乗馬倶楽部がつくられ、「中央公園」に。現在は、大連市中心部で最大の公園となり、面積は102万平方メートル。一各種植物が植栽されているほか、ゴルフ場、テニス場、隣接してスケート場もあり、体育と娯楽施設もある。さらに小動物園、遊園地もある。
●大連テレビ塔
労働公園の南側の小高い山の上に立つ。上層部には展望台が設けられ、大連市街を一望できる。
●旧ロシア人街、旧日本人街
最近、勝利橋(旧日本橋)の北のもともとロシア統治時代の政府機関があるところにロシア人街が、中山広場の少し南東の南山と呼ばれるところに日本人街が観光地として整備されたが、新建材を使用したレプリカに立て替えられたため評判は今一つで、訪れる観光客は少ない。しかし両者とも裏通りに入ると当時の建築が多く残存している。
●棒棰島(バンチュイダオ)
「棒棰」とは洗濯用のたたき棒の意味で、島の形が似ている。もともと北京の中央委員7名のための別荘として建てられたが、現在は海水浴場、ゴルフ場として市民に親しく利用されている。
老虎灘(ラオフータン)景区、傅家荘(フージャージュワン)公園
大連の南海岸にある老虎灘と傅家荘は、日本占領時代から市内に近い、人気の海岸公園であった。老虎灘はさまざまな遊興施設ができて、最近できた「大連極地館」は白熊などの動物や、人気のイルカアシカのショーを見ることができる。
●濱海路、金沙灘銀沙灘海水浴場、大連森林動物園、野生動物放養園(サファリ)
濱海路(ビンハイルー)は大連市内の南と東の岩海岸を通る道路で、星海広場から、金沙灘銀沙灘海水浴場を通り、大連森林野生動物園の近くも通り、傅家荘、老虎灘、棒棰島を経て、海之韵広場(もと東海公園)にまで達する25キロメートルのドライブコース。春の大連国際ウォーキング大会のコースでもある。
星海広場
総面積は110万平方メートル。星海湾を埋め立て、一時ゴミ捨て場になっていたところに大連市の100年記念として建設された。1997630開場。中央にはシンボル塔「漢白玉華表」がたっている。中央の散策路沿いには噴水が続く。遊園地もある。広場内には馬車が走る。広場中央から500メートルのところにイベント会場として会議展示センター(会展中心)があり、最近は広場の西側に大連世界博覧広場とレストラン街も建設された。
●星海公園、黒石礁海岸、大連自然博物館
星海広場のさらに西に星海公園があり、日本時代は「星ヶ浦」と呼ばれ、いまも格好の海水浴場である。さらに西の黒石礁は岩海岸で、岩遊びには最適で。ここに大連自然博物館があり、クジラの骨格、最近は旅順博物館から借りたミイラなどの展示がある。
●夏家河子海水浴場、大黒石海水浴場
旅順北路の少し北に、渤海に面した遠浅の夏家河子海水浴場があり、さらに西には大黒石海水浴場があり、近くに千手観音像、五百羅漢もある。
●金龍寺森林公園
旅順北路の営城子を過ぎたあたりから内陸に入ったところに、唐代から続く金龍寺があったが、戦後破壊されて、その境内がいま森林公園として開放されている。
●宗教的建物:竜王観、松山寺、大連カトリック教堂、玉光街礼拝堂、清真寺など
 
金州区開発区(北郊外)
●金州副都統衛
大連港ができるまで金州がこのあたりの中心で、ここに都からの役人が派遣されて、その官舎を最近復元したもの。日清戦争の末期に従軍記者として大連へきた正岡子規が詠んだ俳句「行く春の酒を たまはる陣屋哉」の句碑は、この敷地の北西隅にある。
●金州博物館
金州の町の中心地、関向応の銅像がある向応広場に面していて、もとの金州民務会所(町役場)を戦後に改修したもの。金州は以前城壁に囲まれた町で、その様子が復元されていたり、日清戦争日露戦争の戦闘場所の解説図などがある。
●南山
日露戦争の初期、第二次世界大戦の末期の激戦地。いまはロシア軍兵士の墓地などがある。戦前ここにあった乃木希典の漢詩「金州城外斜陽に立つ」の石碑は、いまは旅順の日露監獄の日本時代石碑倉庫にあり、非公開。
●大黒山、勝水寺観音閣、観水響、朝陽寺
金州の町からは東に、開発区の金馬路からは北に見える大黒山(海抜663m)は遼東半島南部の最高峰で、戦前はお和尚山と呼ばれ、日清戦争日露戦争の時の部隊移動のよい目印になったといわれ、現在は大連人のハイキングの好対象。頂上付近には石皷寺(唐朝の太宗、李世民の像などを収容)があり、気象台(見晴台)もできた。北西山麓には、唐時代からある勝水寺観音閣があり、旧暦316日が廟会(縁日)で大連大学からの参道に出店と人出が多く、また旧暦48日(お釈迦様の誕生日)には信徒がそろいの衣服で読経などに参列する。東山麓には水がいつも絶えない瑶琴洞がある観水響と、この近くに朝陽古刹(朝陽寺)がある。
●金馬路、五彩城、開発区展示場
開発区の中心街が金馬路で、重要なホテル、銀行、通信会社、大型スーパーなどのショッピングセンターがある。軽軌(郊外電車)の開発区駅と金馬路の間は、レストランカラオケ店コーヒーショップなどが並ぶ「五彩城」。金馬路の東にある公安の広場に面して「開発区展示場」があり、諏訪大連会の精密機械諸会社の展示などが見られる。
●砲台山公園、東山風景区
開発区の代表的なハイキング場で、それぞれ町の北、東南にある。砲台山公園には大砲の展示があり、5月末にはニセアカシアの花が咲く。東山風景区には頂上付近に宇宙船のような建物がある。
●凱倫国際温泉クラブ
開発区の海岸寄りにある温泉で、露天風呂もある。
●金石灘リゾート地区、国際ゴルフ場、発現王国
開発区のさらに東の、軽軌(郊外電車)の終点が金石灘で、美しい海岸をもつリゾート地区。海水浴場、結婚式場、蝋人形館、武道館などがあり、2006年に大型テーマパーク「发现王国(発見王国)」もできた。「金石灘国際ゴルフ場」(Golden Pebble Beach International Golf Course)もある。2008719には北京五輪聖火リレーが発見王国から中華武館までの間で行われる。
 
旅順口区
●龍王塘公園、水上人間、横山寺
大連市街区から旅順ダウンタウンへ行く旅順南路の中間点にある龍王塘は、戦前の「旅大八景」(星ヶ浦=現在の星海公園、黒石礁、凌水寺、小平島、蔡大嶺、龍王塘、玉ノ浦=現在の塔河湾、白銀山)の一つ。日本時代に建設されたダムがあり、ダムサイトの下の公園で毎年420日ごろ桜が咲き、花見客が集まる。近くに温水プール「水上人間」がある。龍王塘から北の山に入った所に、水上人間の経営者が最近建てた「北方の普陀山」横山寺がある。
●塔河湾海水浴場
旅順南路で龍王塘を過ぎて、水師営へ行く郭水公路が右へ分かれるあたりに、最近開発された塔河湾(ターフーワン)海水浴場があり、向かいには道教の廟、近くにゴルフ場もできている
203高地、水師営の会見所
日露戦争190405)の激戦地、旅順港争奪戦の停戦条約が結ばれたところ。司馬遼太郎著の「坂の上の雲」に詳しく書かれている。両地とも、外国人観光客も自由に訪れている。水師営は村の名前で、清北洋艦隊(別名、北洋水師)の隊員の陸上営倉地の意味。
●白玉山、旅順博物館、東鶏冠山、日露監獄、黄金山風景区
白玉山は旅順軍港を眼下に見下ろす高台で、白玉塔(日露戦争勝利記念塔)がある。旅順博物館には、戦前東本願寺の大谷光瑞が資金を出して組織した探検隊が西域で集めた収集品(5体のミイラなど)などがあり、戦後できた新館は美術品を収容する。東鶏冠山は日露戦争時の塹壕がそのまま残るところで、旅順港攻略戦の模型図もあり、反帝国主義教育に利用されている。日露監獄はロシア時代日本時代の監獄で、ここも反帝国主義教育に利用されていて、伊藤博文をハルビン駅前で暗殺した安重根が死刑前に収容された部屋もあり、また日露戦争の初期の戦闘で四国連隊が中心の部隊が勝利して名付けた「剣山」(現在、旅順中路の黄石山)などの日本占領時代の石碑の収納倉庫などもある。黄金山風景区には黄金山と、そこで旅順高校の寮歌「北帰行」が作曲されたという伝説のある黄金山海水浴場がある。
旅順日露戦争陳列館
東鶏冠山北堡塁跡に隣接しており、中国側の視点で見た日露戦争の歴史教育施設となっている。
●世界和平公園
旅順の市街中央部から新区を経て、鉄山からさらに西へ行き、渤海に突き当たった所に、海岸公園が最近作られた
●百年灯塔公園、黄海渤海分界線
百年灯塔公園には、19世紀末に建てられた灯台があり、岩海岸に「遼東半島最南端」の石碑もあり、左は黄色の黄海で右は青色の渤海で、あきらかに海の色が違い、風があればが色が入り混じる「黄海渤海分界線」と呼ばれる現象を見ることができる。
●老鉄山温泉
遼東半島の南端近くにある最近できた温泉で、露天風呂もある
 
普蘭店市、瓦房店市、庄河市(北方3市)
●安波温泉、スキー場、老帽山、龍門温泉、清泉寺
普蘭店市の代表的な観光地
●仙峪湾リゾート地区、長興島ゴルフコース
瓦房店市の代表的な観光地
●冰峪溝(ピンユーコウ)、歩雲山温泉(実際には温泉プール)
庄河市の代表的な観光地
 
最新情報
ホットトピック
関連情報