SUGOO情報 > ビジネス最新ニュース

中国、ハイエンド医療機器8割が輸入製品 多国籍企業が市場独占

【 ページ背景選択:
掲載日付:2011-6-21 8:53:57

 中国のハイエンド医療機器は8割以上が多国籍企業に独占されており、大型病院での海外医療機器のシェアは70%を上回ることが、18日に開かれた「医療設備自主イノベーション・シンポジウム」で明らかになった。中国の工学アカデミー「中国工程院」の会員、邱貴興氏(北京協和医院整形外科の主任)は、医療機器イノベーションに関する重要技術特別プロジェクトを設けて自主研究開発を奨励し、国民の医療費負担を軽減する必要性を呼びかけた。中国紙「京華時報」が報じた。
 
 邱氏は中国の医療機器市場について、「販売収入額上位10社のうち7社が外資系・合弁企業で、これらの企業が重要な役割を担い、輸入製品が市場を独占している」と指摘。「多国籍企業が巨大勢力を誇っているため、医療機器の価格が高止まりし、国民の医療負担の拡大に拍車がかかっている」とした。(編集KN)

 「人民網日本語版」ニュースから転載
中国現地商品の売買情報、多言語化ネットの製作、宣伝情報の詳細につきましては、どうぞhttp://jp.sugoo.com/Index.htmまでアクセスしてださい。

最新情報
ホットトピック
関連情報