SUGOO情報 > ビジネス最新ニュース

電子商取引 300万人の人材不足が課題

【 ページ背景選択:
掲載日付:2010-12-29 8:23:06

阿里巴巴集団が27日明らかにしたところによると、深セン市の対外貿易企業の関係者約150人がこのほど、同市内で「阿里巴巴電子商取引ネットワーク営業販売師検定試験」を受験した。これは国内において、対外貿易業務をめぐる電子商取引(eコマース)のネットワーク営業販売師の資格取得に向けた研修と検定試験が行われた初めてのケースだ。「国際金融報」が伝えた。

 阿里巴巴の責任者は「国内の電子商取引の飛躍的な発展にともない、ますます多くの対外貿易企業が電子商取引プラットフォームを利用して海外市場を開拓し始めている。だが電子商取引の人材は、ますます増大する企業の対外貿易における電子商取引人材へのニーズを満たすにはほど遠い状況だ」と話す。

 実際、多くの企業は資金を投入して電子商取引業務を展開すると同時に、対外貿易人材の電子商取引プラットフォームの操作能力の欠如を発見するという。プラットフォームの役割を効果的に発揮することができず、企業の発展の歩みにとって大きな障害になっているという。あるデータによると、今後5年で、中国の中小企業約3千万社のうち、過半数の企業が経営の中で電子商取引ツールを試験的に導入あるいは導入するようになり、国内では300万人を超える電子商取引の人材が必要になるという。だが国内での専門的な人材の育成はまだまだ需要に追いつかないのが現状だ。(編集KS)

 「人民網日本語版」中国現地商品の売買情報、多言語化ネットの製作、宣伝情報の詳細につきましては、どうぞhttp://jp.sugoo.com/Index.htmまでアクセスしてださい。

最新情報
ホットトピック
関連情報